ガムのメリットデメリットを知り、ガムを有効利用しましょう!

MENU

ガムの成分や効果の概要

 

豊富な味が開発され、ちょっと口が寂しい時にもってこいなのがガムです。
現代では日常的にガムを食べることが定着しており、用途も多岐に渡ります。

 

ガム

純粋に小腹が空いた時のお腹騙しに噛むこともあるでしょう。
それから、運転中などの眠気覚ましに噛むガムもありますし、虫歯や歯周病の予防に噛むガムもあります。
風船ガムと言った遊び心を持ったガムもあり、一口にガムと言ってもいろいろな種類が販売されています。

 

こうしたガムですが、どのような成分で作られているのでしょうか?
ガムを噛むことによる効果、ついてはメリットとデメリットの概要をまとめました。

 

 

ガムにはどんな成分が入っているか

ガムの成分について考える男女

 

ガムには甘味の元となる甘味料が成分として含まれています。
天然のエキスを使用する場合もありますし、人口の甘味料が使われる場合もあります。

 

多くの人が知っているキシリトールですが、これは天然の甘味料なのです。
キシリトールはとても甘いのですが、カロリーは砂糖の25%ほどしかありません
同じ甘さを感じるのであれば、キシリトールの方が遥かに健康に良いです。

 

良くキシリトールが虫歯予防になると言われているのは、このカロリーの差によるものです。
虫歯の菌は砂糖の甘さを酸に変えますが、キシリトールの甘味は酸に変えられません

 

つまり、キシリトールは虫歯菌に栄養を与えないで甘みを味わえる成分なのです。

 

他にも植物タンニンが配合されたシュガーレスなガムであれば、歯周病の予防になるという研究結果も出ています。

 

ガムに含まれる成分は歯に良い影響を与えて、虫歯や歯周病の予防となるでしょう。
ちなみに、ガムを噛めば歯磨きをしなくて良い訳ではありません。

 

 

ガムを噛む効果

驚くべきことに、ガムを噛むと脳の発達が良くなり思考力が上がるのです。
健康医学でも話題を取り上げられ、ガムを噛む効果は多くの人が認める効果です。

 

マウスを利用した研究結果によると、柔らかい食べ物だけを食べたマウスは脳の発達が悪くなりました。さらに、人間で行った実験だとガムを噛んだ方が短期的な記憶能力が良くなる結果が出ています

 

ガムを噛んでいる方が脳に良い影響を与えるのは間違いなさそうです。

 

ガムを噛んでいる男性

ガムを噛むと精神を安定させる効果もあるとされています。
繰り返し行動をすると、人は幸せホルモンであるセロトニンが分泌されます。噛む行為を繰り返すのはセロトニンが分泌されるため、精神安定に繋がるのです。

 

極めつけは唾液量の増加による虫歯予防の効果です。
唾液は虫歯の原因となるデンプンを消化しますし、歯の強化を行う性質も持っているのです。

 

また、唾液が増えることで、口臭の予防にもなります。
ガム以外の口臭ケア用品には口臭予防サプリやマウスウォッシュなどもあります。

 

ガムを噛むとこれだけの良いメリットが発生します。

 

 

ガムを構成する素材

ガムの原料ですが、元々はサポディラの木から取れるチクルという素材を使っていました。
このチクルに甘みを加えた物がガムの起源となっています。

 

天然のチクルを利用すると原価が上がってしまうことから、近年ではビニール樹脂を使うのが一般的です。ビニール樹脂、つまりプラスチックの仲間です。
ガムを噛んだ後に味が無くなった塊が残りますが、これがビニール樹脂なのです。

 

これによりしばしば、ガムはプラスチックを食べることであり危険だと訴える人がいます
ですが、それは気分的な問題であったり、まったくの誤解であったりします。

 

ほとんどのガムは天然の樹脂を主原料にしていますし、ビニール樹脂などの合成樹脂は微量なのです。他には、酢酸ビニルやポリイソブチレンなどの合成樹脂が使われていますが、口に入れても無害となっています。

 

もし本当に深刻な害があるなら、とっくに使用禁止にされ発売も終わっているでしょう。
ガムの成分によって死亡した事件の報告例もありません。

 

以上のことから、ガムを構成する素材に悪い影響の物はないと言えます。