キシリトールなどの成分は、虫歯菌の繁殖を抑えるので確実に良い効果をもたらします。

MENU

ガムの成分

 

ガムを噛む上で気になるのが虫歯になるかどうかです。
多くの人がガムを噛み過ぎると虫歯になるリスクが高まるという誤解を持っています

 

キシリトールガムなどに含まれる成分は、虫歯菌の繁殖を抑えるので確実に良い効果をもたらすでしょう。

 

ガムの成分に対する理解を深めて、その上でうまく付き合っていくのが大事です。
印象の問題、感じるイメージで物事を判断してはいけないのです。

 

ガムに含まれる成分のメリットとデメリットを理解しましょう。

 

 

ガムに含まれる成分のメリット

ガムは甘い味がしますし、眠気覚ましにも役立ちます。
既にこれだけでガムを噛む十分なメリットが存在しているでしょう。
口が寂しい時に噛んでいるだけで気を紛らわせられるのは高いメリットです。

 

おいしさのメリットは誰もが理解しているはずなので、もう少し深くガムの成分のメリットを追求して行きたいと思います。

 

まずキシリトールの成分について解説して行きます。

 

キシリトールは何もキシリトールガムだけに配合されているものではありません。
それ以外のガムにもたっぷりと含まれている天然の甘味料です。

 

このキシリトールは虫歯菌が酸を作り出す元にならないため、口の中の環境を整えるのに極めて有効です。
虫歯菌が弱って減少すれば、それだけで虫歯になるリスクが下がります。

 

リカルデントガムなどに含まれるカルシウムやリンであれば、唾液に混じることで歯の再石灰化を促します。

 

仮に虫歯菌によって歯の表面に軽微なダメージを与えられていても、リカルデントガムの成分なら修復が可能です。

 

歯は溶けたら元に戻らないと言われていますが、軽微なダメージであれば修復できるのです。
それを行うのがリカルデントガムの成分です。

 

このようにガムに含まれる成分は高いメリットを持っており、世間のイメージとは真逆の効果を持っているのです。ガムの成分に対する理解を深めて上手に利用してみると良いでしょう。

 

 

ガム成分のデメリット

ガムを構成する素材そのものは基本的に消化されません。
そのためガムを噛んで味が無くなったら吐き出す必要があります。
これを誤って飲み込んでしまうと消化されないので胃に負担を掛けてしまうでしょう。

 

ただしこれは、100個以上のガムを飲み込んだ場合に考えられるデメリットです。
1つ2つ飲み込んでも強いデメリットにはならないので心配し過ぎないのが良いです。

 

ガムでお腹を壊した女性

キシリトールの成分にもデメリットがあり、大量摂取を行うと下痢を引き起こしてしまいます。

 

1日1回2粒が推奨される中、数十個、数百個というレベルでガムを噛むと胃に負担を掛けてしまうのです。

 

ちなみにキシリトールは人間の胃では代謝されないので、そのまま排出されます。
そのため下痢の原因となるのです。

 

ガムの成分にはいくつかのデメリットがありますが、過剰にガムを噛まない限り問題は無いので覚えておいてください。