リカルデントガムで歯の修復を完了し、キシリトールガムで歯を守ると良いでしょう。

MENU

歯の健康を守るガム

 

キシリトールガムのイメージ

 

ガムは虫歯の原因になる、そう言われていた時代がありました。
そう言われていたのは既に遠い過去であり、現代ではガムで歯の健康を守るのが常識となっています。

 

キシリトールやリカルデントガムが歯の健康を守る代表格として広く知られているのです。
虫歯は痛いものですし、歯周病になれば入れ歯のリスクも増えてしまいます。
歯の健康が阻害されて得することは何一つありません。

 

痛い思い、つらい思いをするだけなのですから、可能な限り歯の健康は守るべきなのです。
どうすれば歯の健康を守れるのか、キシリトールとリカルデントガムの賢い食べ方を紹介します。

 

 

まずはリカルデントガム

歯の健康を守るのであれば、まずはリカルデントガムを噛みましょう。
ドラッグストアやスーパーで販売されているので誰でも簡単に購入出来ます。

 

リカルデントガムの成分には、カゼインという牛乳のタンパク質が含まれています
正式な名称をカゼインホスホペプチドと呼び、無味無臭のカルシウムだと考えるのがイメージしやすいです。
このカルシウムが歯を守るために大活躍をするのです。

 

ガムを噛むと唾液が出ますが、リカルデントガムの場合は唾液にカルシウムが溶け込みます
そのため唾液はカルシウムたっぷりの液体となり、歯を守るだけでなく修復する効果も生み出すのです。
カルシウムによって歯が修復されるのを再石灰化と言います。
虫歯菌が出す酸によって溶かされた歯を、再石灰化によって修復することこそが歯の健康を守るのに役立ちます。
リカルデントガムを噛んで歯のダメージを修復すれば、いつまでも健康な歯を維持できるのです。

 

 

健康な歯を維持するキシリトール

キシリトールは天然の甘味料で、非常に甘くておいしい成分です。
甘いものと聞くと虫歯の原因になるように感じます。
ですが、キシリトールには虫歯の原因になる虫歯菌を弱らせる効果があるのです。
つまり、キシリトールの甘さは虫歯を作り出さず、むしろ虫歯の無い健康な歯を保ちます。

 

リカルデントガムにより歯の修復が完了したのなら、次はキシリトールガムを噛んで歯を守ると良いでしょう。
虫歯菌の繁殖を防ぐので口臭予防にもなりますのでおすすめです。
口腔内の虫歯菌が増えなければ歯の健康は守られたも当然です。
キシリトールこそ、歯の健康を守る守護神と言っても過言ではありません。

 

念のために補足しておきますが、歯を磨かなくても良いことにはならないです。
虫歯菌の繁殖を抑えるだけで完全に除去する訳ではないのを忘れないようにしましょう。

 

ガムは食べ過ぎてもダメ!?