キシリトールは虫歯菌の繁殖を抑制し、リカルデントは虫歯菌による軽微なダメージを修復します。

MENU

キシリトールガムとリカルデントガムの違い

 

キシリトールガムとリカルデントガムの違いについて考える

キシリトールガムとリカルデントガム、どちらも良く耳にしますし、どちらも虫歯予防になると言われています。

 

同じような効果なのに、なぜ名前が違うのでしょうか?

 

成分が違うのは当然なのですが、そもそもガムを噛む目的が違っているのです。

 

ここでは間違えやすいキシリトールガムとリカルデントガムの違いについて解説します。
今まで何となく噛んでいたガムの違いが分かれば、選ぶ楽しさも増えるでしょう。

 

 

キシリトールガムの効果

キシリトールは天然の甘味料で、「虫歯予防」になる効果が期待出来ます。砂糖などの甘味は虫歯菌が酸を作ってしまうため、歯が溶けて虫歯になるリスクが上がります。

 

しかし、キシリトールは虫歯菌が酸を作らない成分なので虫歯にならないのです。
虫歯菌に栄養を与えないことにもなるので、結果的には虫歯を予防すると言えます。

 

まとめると、キシリトールが配合されたガムには虫歯菌を弱めて減らす効果があるのです。

 

甘味も砂糖と同じぐらいあるので噛んでいる満足感がありますし、唾液の分泌量も増えるでしょう。唾液が増えれば歯の表面の再石灰化効果は高くなります。

 

結果として虫歯を予防し歯の健康を守ることになるのです。

 

 

リカルデントガムの効果

リカルデントガムは牛乳から抽出された成分が含まれています
カルシウムやリンなどが多く含まれており、健康に良いガムだと覚えておきましょう。

 

そんなリカルデントガムの効果は、虫歯の初期治療が行えることです。
虫歯菌の酸によって溶かされた歯は、実は唾液の成分で再石灰化されて修復されるのです。

 

重度の場合は虫歯となり修復は難しいですが、軽微なダメージなら唾液によって修復が可能です。

 

リカルデントガムの強みは、そんな歯の軽微なダメージを修復する点にあります。
カルシウムやリンが含まれているので、それが唾液によって口の中に広がり歯を修復します。
歯医者にリカルデントガムが多い理由はこうした理由からなのです。

 

 

2つのガムのまとめ

  • キシリトールは虫歯菌を弱めて減らす
  • リカルデントは虫歯菌による軽微なダメージを修復

する効果があります。

 

現時点で虫歯が無いのなら、キシリトールガムによって虫歯菌の繁殖を抑制するのが良いでしょう。

 

虫歯があったり、その恐れがあったりする状態ならリカルデントガムで歯の修復を狙ってみてください。リカルデントガムには口の中の環境を改善する効果もあります。

 

両方のガムを交互に食べるのも良いので、好みに合わせて試してみましょう。

 

1日に1回、2粒ぐらいを目途に食べるのが良いです。
唾液を出すのも目的なので意識してみると良い結果に繋がります。

 

最後になりますが、これらのガムはあくまでも補助的な役割でしかありません。
歯磨きをしなくても虫歯にならないという思い込みをしないように注意してください。