入れ歯でもガムを食べたい!どうしたら良いの?トラブルから解決策まで紹介

MENU

入れ歯でもガムは食べられるのか

爽やかな入れ歯

 

成分的には入れ歯でガムを噛んでも問題ありません。
キシリトールは歯茎に良い成分で、噛むことでアゴや歯茎の衰えを軽減できるのでガムを噛むこと自体にメリットは大きいです。
しかし、ガムを噛むと入れ歯が外れてしまうデメリットがあります。
風船ガム(チューインガム)は入れ歯の人と相性が悪いです。
ガムで入れ歯の外れる行為を繰り返したり、部分入れ歯をかばった噛み方はしないようにしましょう。
入れ歯向けで歯にくっつきにくいタイプのガムがオススメです。

 

歯にくっつきにくいガムを選ぶ

美しく輝く白い歯

 

全体的に板ガムや球状ガムよりも粒ガムの方が小さくて歯にくっつきにくいです。
粒ガムは小さいので、部分入れ歯が外れてしまっても気付かずに飲み込んでしまうリスクが少ないです。
ガムはくっついた部分入れ歯やその他の異物を一緒に飲み込みやすいので、認知症の方はガムを控えた方がいいです。

 

ロッテの開発した「歯につきにくい キシリトールガム」

2013年に発売した歯につきにくいキシリトール(XYLITOL)ガムは、従来のガムよりも歯にくっつきにくく改良されたシニアをメインターゲットにした商品です。
通常のキシリトールガムと同様に歯に良い栄養成分やミント風味の味わいをそのままに、歯のくっつきやすさを軽減しています。
入れ歯をしている人はもちろん、若い方でもガムの歯にくっつく感じが苦手という方から好評です。
14粒の携行用のほか、ボトルタイプも販売しています。
店頭ではあまり見ない商品なので、ガム好きの方は通販でまとめ買いしたり、ドラッグストアで取り寄せをすると良いでしょう。

 

LOTTEのロゴ

 

ちなみにロッテは2007年に板ガムの「クールミント」、「グリーンガム」、「ミントブルー」の3つの主力製品で、歯につきにくいタイプを発売したこともあります。
現在は板ガムタイプの歯につきくいタイプは粒ガムの普及によって流通量が少なくなっています。
2018年現在、イオンの通販サイトにて、歯につきにいクールミントガム(9枚入り・100円)が売られています。
ほかにも歯につきにくいガム板(記憶力を維持するタイプ)、フリーゾーンガム(歯につきにくい)などで板ガムの入れ歯向けをランナップしています。
粒ガムのカリっとした食感が嫌な方にオススメです。

 

入れ歯でガムを食べる時の注意点

注意を促すドクター

 

ガムですぐに入れ歯が外れても、入れなおせばよいと簡単に考えてはいけません。
ガムで意図せずに入れ歯が外れる行為を繰り返すと入れ歯の吸着力が落ちてしまいます

 

部分入れ歯の方は、入れ歯の部分で噛むのを嫌って、奥歯など一部の歯だけでガムを噛もうとするケースがあります。
歯やアゴを均等に使わないと、噛み合わせが崩れてしまいます。
前述で紹介した歯にくっつきにくいガムを選ぶなどして、歯を全体的に使って入れ歯外れるトラブルなく噛むようにしましょう
噛み合わせが悪くなったり、ガムだけではなくご飯の吸着力でも入れ歯が落ちてしまう場合は、早めにかかりつけの歯医者に相談してください。